愛犬が椎間板ヘルニアになったら手術が必要

犬とレディ
犬の餌

愛犬のためによいものを

ドッグフードは様々なものがありますが通販だと安いものが買えたり、質のいいものが買えたりといったメリットがあります。また、送料がかかるので、最初は少量から試してみるといいでしょう。

遺影

家族の一員

犬や猫をはじめ家族同然に可愛がってきたペットとの別れはつらいものです。しかし、最後まで見届けるのが飼い主として当然の務めなので、ペットの葬儀会社に予約をする必要があります。

病気の予防や治療方法

ドッグ

対症療法が人気

犬の椎間板ヘルニアの治療方法は、症状の重さや、患部の状態によって変わってきます。症状が軽い場合には、薬を使って痛みを抑える治療や、症状が悪化しないようにする、対症療法が人気があります。症状が重い場合は、神経を圧迫している箇所を取り除く、外科手術で治療が行われます。対症療法が人気の理由は、体への負担が少なく、高齢の犬でも行いやすい治療方法だからです。対症療法では、運動制限を行い、ケージの中で生活するようにしたり、肥満を解消するための食事制限などを行います。激しい運動を控えることや、肥満を解消することは、椎間板ヘルニアの予防にもなるため、日常的に食事管理を行い、肥満にならないようにすることが大切です。

老化や肥満が原因

犬の椎間板ヘルニアの特徴は、背骨でクッションの役割をしている、椎間板がつぶれることによって起こります。椎間板ヘルニアになると、痛みと運動障害が現れ、足を引きずるようになったり、運動を嫌がるようになったりします。背骨のどの部分が、椎間板ヘルニアになるかで症状も違い、前足や後足のほかにも、胸部や首から下など広範囲に症状が出る場合もあります。症状が重くなると、足が麻痺して動けなくなったり、排尿が困難になることもあります。犬の椎間板ヘルニアの原因は、老化で骨や椎間板が弱くなったり、運動や肥満などで、背骨に負担をかけることなどで起こります。胴が長い犬種や、短い足の犬種の場合には、背骨への負担が大きくなるため、椎間板ヘルニアを発症しやすいという特徴があります。

犬

歩行を補助してくれる道具

犬が高齢だったり事故などが原因で歩行が困難になったときは、専用の車椅子で補助してあげるといいでしょう。また、専用車椅子はそれぞれ犬の幅や足の長さなどに合わせたものを選んだり、安全に作られているものを選ぶことが大切です。